-6輪2足でどこまでもー 管理人 甲斐駒仙丈 
時間はどこから来て、なぜ流れるのか?
時間はどこから来て、なぜ流れるのか?

時間はどこから来て、なぜ流れるのか?

【著者】吉田伸夫

【発行日】2020年

【おすすめ度】★★☆ 面白かった おすすめします  

【キーワード】時間の流れ

【NDC10版】421 : 理論物理学

なぜ『ながれているように感じる』のか

『時間はどこから来て、なぜ流れるのか?』は、時間とはそもそも何か、なぜ過去から未来へと流れているように感じるのか、といった素朴な疑問から、相対性理論、宇宙論、熱力学、量子力学などの最先端科学を駆使して、時間の謎に迫りまる。

ムアムアさん、私も読みました。理系人間としては、この「時間の流れ」というテーマは気になりますよね。

本書は、相対論や量子論のほかに、神経科学や心理学の面からもアプローチしているところが特徴かな。

難しそう。

数式はほとんどないし、本書の図はわかりやすいと思うな。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

にほんブログ村に参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります。

関連リンク



その他の著作

「時間」はなぜ存在するのか 最新科学から迫る宇宙・時空の謎



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP