-6輪2足でどこまでもー 管理人 甲斐駒仙丈 
眠れないほどおもしろい紫式部日記
眠れないほどおもしろい紫式部日記

眠れないほどおもしろい紫式部日記

【著者】板野博行

【発行日】2023年

【おすすめ度】★☆☆ 面白かった

【キーワード】清少納言,中宮彰子,藤原道長

【NDC10版】915.35 : 日本文学–日記.書簡.紀行

紫式部の「心の叫び」が聞こえてくる

『紫式部日記』は、源氏物語の著者として知られる紫式部が、後宮での宮仕えの日々を綴った日記です。内気な紫式部が、中宮彰子の出産立ち合いで気絶寸前になったり、同僚の家柄意識にゲンナリしたり、清少納言を辛辣に批評したり、上司の藤原道長に振り回されたりする姿が描かれています。紫式部の「心の叫び」が聞こえてくる「お仕事奮闘記」としても共感必至です。

当時の時代背景や加持祈祷、宮中儀式、装束や調度品などのミニ知識も満載。古典になじみのない読者にも楽しく読み進められます。

マヒマヒさん、私も読みました。日記の紹介だけではなく、『源氏物語』当時の時代背景や風俗などの豆知識も書かれていて、興味深いですね。

私としては、『源氏物語』を読んだ後に、本書を読んで、もう一度『源氏物語』を読むことをお勧めします。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

にほんブログ村に参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります。

関連リンク



その他の著作

眠れないほどおもしろい源氏物語



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP