-6輪2足でどこまでもー 管理人 甲斐駒仙丈 
グラスホッパー
グラスホッパー

グラスホッパー

【著者】伊坂幸太郎

【発行日】2004年

【おすすめ度】★☆☆ 面白かった

【キーワード】蝉,鯨,鈴木,殺し屋

【NDC】913.6 : 日本文学–小説.物語

復讐に燃える元教師と、個性豊かな殺し屋たち

『グラスホッパー』は、伊坂幸太郎特有の軽快な文体で書かれた、ジャンルを分類しにくい作品です。シリアスな内容でありながら、どこかユーモラスな雰囲気もあり、読み応えのあるストーリーと巧みな構成で、読者をあきさせません。

妻を理不尽な形で失った元教師・鈴木は、復讐のため非合法な世界に足を踏み入れます。そこで出会ったのは、それぞれに異なる過去を持つ3人の殺し屋たち。鈴木は妻の復讐を誓いながら、想像を超える展開に巻き込まれていくのです。

『グラスホッパー』の魅力は、なんといっても予測不可能なストーリー展開です。次々と明らかになる真実と、裏切り、そして絆。最後まで目が離せない展開に、きっとあなたも夢中になるでしょう。

マヒマヒさん、私も読みました。個性的でどこかユーモラスなな殺し屋たちと、残酷な暴力描写が奇妙に交わっていて、つかみどころがない作品ですね。展開が読めず、最後まで一気に読んでしましました。

私は、バラバラだったピースが、だんだんはまっていく感じが、好きです。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

にほんブログ村に参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります。

関連リンク



その他の著作

777 トリプルセブン



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP