-6輪2足でどこまでもー 管理人 甲斐駒仙丈 
警視庁公安部外事課
警視庁公安部外事課

警視庁公安部外事課

【作者】勝丸円覚 

【発行日】2021年

【おすすめ度】★★☆ 面白かった。おすすめします。

【キーワード】スパイ/大使館

【NDC10版】317.74 行政 保安警察. 風俗警察. 治安維持

諜報活動の舞台裏

『警視庁公安部外事課』は、元警視庁公安部外事課の著者が、その経験を基に、公安部外事課の組織や活動、そして諜報活動の舞台裏を描いたノンフィクションです。

本書は、公安部外事課の組織や活動について、著者の経験に基づいた具体的なエピソードが豊富に紹介されており、公安部外事課の活躍の一端を知ることができます。

★中国が繰り出す「仲●由●恵」似のハニートラップ
★風俗好きの外国人スパイと店の常連同士に
★JR大塚駅ホームは尾行を撒く最適スポット
★宅配業者や看板持ちに変装
★007シリーズのQ(秘密兵器担当)のような存在も

出版社コメントより

マヒマヒさん、私も読みました。ミッションインポッシブルのトム・クルーズのような派手なアクションはありませんが、地味だけど真実味のある話でしたね。

後半の外国大使館との付き合いは、スパイものというイメージではなく、外交官の裏話のような内容で、とても面白かった。

まえに読んだ諜報活動の本では、「諜報機関の大半の活動は、すでに公になっている情報の収集や外国とのお付き合い」と書いてあったけど、そのイメージであってるな。

本書は、裏の顔を隠すカモフラージュかもしれませんよ。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

にほんブログ村に参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります。

関連リンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP