-6輪2足でどこまでもー 管理人 甲斐駒仙丈 
アウトローたちの履歴書
アウトローたちの履歴書

アウトローたちの履歴書

【作者】石原行雄 

【発行日】2026年

【おすすめ度】★☆☆ 面白かった。

【キーワード】ゴミ屋敷/マニアAV監督

【NDC】368 社会病理

世間一般の常識から外れた生き方を選んだ人々


『アウトローたちの履歴書』は、世間一般の常識から外れた生き方を選んだ人々、いわゆる「アウトロー」の生き様を描いたノンフィクションです。

本書では、右翼団体の構成員、チンピラ、ゴミ屋敷の主人、ドラッグの密売人、戦場記者、覚醒剤中毒者など、さまざまなジャンルのアウトロー20人が登場し、彼らがなぜアウトローとなったのか、その人生を振り返ります。著者は、アウトローたちの生き様を、客観的かつ冷静に描いています。アウトローたちに対して、決して偏見や差別をせず、彼らの生き方をありのままに伝えようとしています。また、本書は、アウトローたちの生き様を通して、人間の深層心理や社会の矛盾を浮き彫りにしています。

マヒマヒさん、私も読みました。結構古い著作ですね。ここに登場した人たちは、現在どうなっているのでしょう。個人的に私が気になったアウトローは、『ゴミ屋敷の主人』ですね。

僕は、『スカトロ議長』が気になるね。

あとがきにその後の様子が書かれている人もいます。
・・・逮捕されている人も・・・

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

にほんブログ村に参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります。

関連リンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP