-6輪2足でどこまでもー 管理人 甲斐駒仙丈 
ネット右翼になった父
ネット右翼になった父

ネット右翼になった父

【作者】鈴木大介 

【発行日】2023年

【おすすめ度】★★☆ 面白かった。おすすめします。

【キーワード】価値観の定食メニュー/商業右翼/商業左翼/ネット右翼/父と息子

【NDC10版】367.3 家. 家族関係

亡くなった父は、なぜネット右翼になってしまったのか?

 『ネット右翼になった父』は、そんな疑問を持った著者が、真実を知るための調査の過程を追ったノンフィクションである。

著者の父親は、かつてはリベラルな考えを持つ人物であった。しかし、定年退職後、インターネットで右翼的な情報を目にする機会が増え、徐々に右傾化していく。リベラル寄りの著者は、父親への愛情を持ちながらも、彼の考えを批判的に見つめていた

父の死後、著者は、周囲の人はそんな著者の心象に反して、父をネット右翼とは感じていなかったことを知った。著者は真実を知るべく調査を開始した。

ムアムアさん、私も読みました。年を取った両親が、認知機能の低下と合わせて、頑固に、保守的に、懐古的になっていく姿に共感を感じて読み始めました。だけど実は・・・・。ネタバレなんでこれ以上言えませんが、身につまされましたね。

そうなんだよね。現代の社会問題ともいえる、極端に攻撃的な人たちについてが本書のメインテーマだけど、父と息子という昔ながらのテーマも本書の裏テーマだと思った。
個人的には著者の父は多少右化しているように思えるけど。

商業右翼

本書は、ネット右翼の形成過程を詳細に描いている。ネット右翼は、単に個人の偏った考えが集まったものではなく、その社会的な構造や背景、さらに金銭的な欲望からも形成されるものであるとしている。本書は、そのことを理解する上で、重要な手がかりを与えてくれる。

私はネット右翼やネット左翼が商業的な意味合いを持っている、という著者の分析に興味を持ちました。

確かにそう。金儲け主義の罠に注意せねば、と思うよ。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

にほんブログ村に参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります。

関連リンク



その他の著作

里奈の物語 15歳の枷


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

里奈の物語 15歳の枷 (文春文庫) [ 鈴木 大介 ]
価格:869円(税込、送料無料) (2023/10/31時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP