-6輪2足でどこまでもー 管理人 甲斐駒仙丈 
方舟
方舟

方舟

【作者】夕木春央 

【発行日】2022年

【おすすめ度】★☆☆ 面白かった。

【キーワード】地下建築物

【NDC10版】913.6 日本文学 小説.物語 近代:明治以後

地下建築に閉じ込められた9人の男女


夕木春央著『方舟』は、山奥の地下建築に閉じ込められた9人の男女が、誰かが殺されるという条件で、犯人探しをしていくミステリー小説です。

本作の最大の魅力は、犯人が誰なのか、最後まで予想がつかない展開です。登場人物たちは、それぞれに秘密や嘘を抱えており、誰が犯人なのか、読者の推理を裏切ってきます。

マヒマヒさん、私も読みました。閉ざされた空間でのサバイバル、サスペンス劇ですが、私はちょっと違和感を感じました。フィクションなので荒唐無稽な場面設定でもいいのですが、あまりにも非現実的なような気がしました。

地下の建築物で、都合よくタイムリミットが発生するところですか。そうですね。もう少しその設定が深くかかわってほしかったという気持ちはあります。

僕は殺人の動機とかトリックかな。やっぱりちょっと無理があって、わかった時の納得感が少なかった。

私は最後の逆転劇ですきっとしましたけど。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

にほんブログ村に参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります。

関連リンク


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

方舟 [ 夕木 春央 ]
価格:1,760円(税込、送料無料) (2023/10/16時点)


その他の著作

十戒



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP