-6輪2足でどこまでもー 管理人 甲斐駒仙丈 
池上彰の世界の見方 中南米
池上彰の世界の見方 中南米

池上彰の世界の見方 中南米

【作者】池上彰 

【発行日】2022年

【おすすめ度】★☆☆ 面白かった。

【キーワード】侵略戦争/対米関係/トラテロルコ条約

【NDC10版】302 政治・経済・社会・文化事情

中南米の歴史、政治、経済、社会、文化


池上彰著の「池上彰の世界の見方 中南米」は、中南米の歴史、政治、経済、社会、文化などをわかりやすく解説した書籍である。池上彰氏の特徴である、簡潔でわかりやすい文章と、豊富な事例が、中南米について知りたい人にとって、とても役立つ一冊である。

『知らないと恥をかく 世界の大問題』シリーズとともに、この『世界の見方』シリーズもわかりやすくて、なめになりますよね。

そうなんですよ。この『世界の見方』シリーズは世界の地域毎の歴史や経済について、わかりやすく解説していて、現在まで14冊。この中南米が最新になります。

植民地化された歴史

本書は、中南米の歴史から始まり、政治、経済、社会、文化など、さまざまな分野について解説している。中南米は、スペインやポルトガルなどのヨーロッパ諸国によって植民地化された歴史があり、その影響が今でも残っている。また、中南米は、近年、経済成長を続けている地域でもあり、今後、世界経済においてますます重要な役割を果たすと考えられている。

中南米はあまり日本と関わりの少ない地域ですよね。私もメキシコとかキューバは知っているけど。

それなら本書はおすすめです。ヨーロッパ諸国によって植民地化された歴史から、どうやって独立したか、現在の治安はどうか、など詳しく書かれています。

ヨーロッパ諸国による植民地化の歴史の他に、アメリカによる侵略についても解説してますね。「今のロシアのウクライナ侵略と変わらない」と批判しています。ちょっと驚きました。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

にほんブログ村に参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります。

関連リンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP